車検切れの中古車を売ることはできるの?

車検切れの中古車を売ることはできるの?

愛車を中古車として売る場合、車検が切れる前に売るべきか、
車検が切れる前に車検を通してから売るべきか、
どうするのが一番得なのかが分からないといった声をよく聞きます。

 

ここでは車検切れの中古車を売る方法について解説していきましょう。

 

車検切れの車は売ることができる?

結論から申しますと車検切れの車でも中古車として問題なく売ることができます。

車検が切れたら廃車にするしかないと考えている人は実にもったいないです。
廃車にするにはお金がかかりますので、
それであれば1円だとしても売ってしまった方が得なのです。

車検を受けている車であっても、車検を受けた費用分が
中古車買取価格に上乗せされたり、反映されたりすることはありません。

また車検切れの車であっても車検が切れていること自体が
マイナスの要因になることはないのです。
そのため車検が切れていても問題なく中古車を売ることができるでしょう。
車検切れのまま、自宅のガレージに眠っているような車はありませんか?
年式が古くても走行距離がそれほど走っていないものであれば、
廃車にするのではなく中古車買取をしてもらえば、
思っている以上に高額で買取できる場合があるのです。

特に東南アジアなどの海外では日本の中古車が人気があります。

走行距離が10万キロを超えた中古車であっても購入したいという人がいるほどです。
日本では人気のない事故車であっても、使えるパーツは部品として売られる場合もあります。

 

中古車を売る時には車検を通してから売るべきなの?

中古車を売る場合、車検切れの車はなんとなくイメージが悪い、
売却価格が低くなってしまう…というイメージがあるかもしれません。
しかし中古車を売る前に車検が切れそうなので車検を通したからと言って
その費用分、買取価格が上がることはまずありません。
車検を通すのに普通自動車であれば10万円以上のまとまった費用が必要になります。
その費用を使った分の買取額がアップしないのであればわざわざ車検を通す必要はないでしょう。

 

車検切れの車を高額買取してもらうためには?

車検切れの中古車の買取額を高額にするためには、
まずは車検切れのままにして車検を受けないで買取査定をしてみましょう。

また買取査定をするときには車内の掃除や洗車を行っておくことで、
査定員からの印象がよくなります。
また点検の記録簿や取り扱い説明書などをすべて用意しておき、
買取査定をする場合はいくつかの買取業者に見積もり査定をしてもらって
価格交渉を行うようにしましょう。